室内でも屋外でもできるのもヨガのいいところだとおもいます。

40歳台になって不眠症のような症状が出てしまい、少し悩んでいました。また、運動不足や体の柔軟性の衰えも気になっていました。そこで、知り合いの勧めもあって、近所のヨガ教室に通い始めました。習い始めた当初は、先生のヨガの動作やポーズを真似しようとするのが精いっぱいで、ヨガの効果を実感することはできませんでした。むしろ、できない自分にストレスが溜まる感じさえしました。

しかし、慣れてくるにしたがって、徐々に心に余裕ができ、ヨガの動作やポーズもゆったりとした気持ちで取り組むことができるようになり、今では、ヨガをやっている間にウトウトと眠ってしまうことがある程になりました。そして、最近は、ヨガをやった後はぐっすりと眠れるようになりました。また、体の柔軟性も良くなり、肩こりなども少しましになった気がします。

 

ヨガを始めたきっかけは、体が硬かったので柔軟性が欲しかったことと、ダイエットを、気にやりはじめたのがきっかけでした。
ヨガを始めた当初は、体も硬くバランス感覚もあまりなくでしたが、ヨガは簡単なポーズ、始めやすいポーズがあり、はじめやすいものだと感じました。そして、無理なくできたので毎日の習慣として少しずつ初めていきました。
少しずつはじめていくうちに、体が柔らかくなるのがわかり、体時代も楽になりました。
場所をとらないとできないものばかりでもないので、場所が限られるときは、できるポーズをして体を鍛えてみたり、場所があるときは思いっきり体を使ってできるのでいいと思います。人生は一回きりで、準備ができたらやろうと思うことは絶対に準備がととのわないことが多いまま、やらないで終わることも多いです。
室内でも屋外でもできるのもヨガのいいところだとおもいます。

 

ホットヨガ カルド 五香